赤ちゃんや妊婦さんははちみつ食べても大丈夫?

1歳未満の赤ちゃんは、蜂蜜NGです。


「赤ちゃんや妊婦さんは蜂蜜食べても大丈夫?」という問い合わせをよくいただきます。

 

1歳未満の赤ちゃんは乳児ボツリヌス症のリスクがあるのでNG 蜂蜜の中に稀にボツリヌス菌という細菌が含まれている可能性があります。 1歳以上の場合、ボツリヌス菌が体内に入っても問題ありませんが、1歳未満の赤ちゃんの場合、乳児ボツリヌス症を発症する場合があります。

乳児ボツリヌス症は、腸内で増えたボツリヌス菌が毒素を出し、赤ちゃんの脳や神経に悪影響を及ぼしたり、命を奪ったりする可能性がある病気です。そのため、1歳未満の赤ちゃんには、蜂蜜を与えてはいけないことになっています。




妊婦さんは蜂蜜食べても「大丈夫」! 1歳未満の赤ちゃんに食べさせていけない理由は、腸が未発達のためにボツリヌス菌が繁殖してしまう可能性があるからなのです。

妊婦さんは腸がもちろん発達しているので、ボツリヌス菌が繁殖できません。なので、蜂蜜を妊娠中に食べてもお腹の中の胎児には影響ありません。

赤ちゃんにとっては危険な蜂蜜ですが、妊婦さんが食べる場合は特に問題ありません。しかも、蜂蜜は妊婦さんにとって嬉しい効果がたくさんあります。

妊婦さんが蜂蜜を食べると、下記の効果が期待できます。

エネルギー補給

蜂蜜の成分は、糖質、水分、アミノ酸、有機酸、ミネラル、ビタミンなどから構成されています。そのうち、糖質成分が全体の80%近くを占め、天然の甘味成分が多く詰まっています。 蜂蜜の糖質は体内で素早くエネルギーとして変換できるため、エネルギー補給にぴったりの食品です。

風邪の症状軽減

古くから、のどの痛みや咳などの症状を和らげるのに蜂蜜が利用されてきました。近年、蜂蜜による風邪症状の緩和効果や、炎症を抑える効果なども研究されています。

整腸作用

蜂蜜の糖分は、ブドウ糖や果糖のほか、オリゴ糖が25種類以上存在することがわかっています。オリゴ糖には整腸作用や、ビフィズス菌などの腸内細菌を増やす働きがあり、便秘の改善に効果的です。



それでは授乳中の蜂蜜は大丈夫なの? これも心配な点だと思います。こちらも「大丈夫」です。 理由は一緒で、あくまでも蜂蜜を食べるのがお母さんの場合、蜂蜜が入っていくところはお母さんのお腹です。ボツリヌス菌は繁殖できません。 母乳を通して、赤ちゃんに菌が…と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、大丈夫ですので安心して蜂蜜を食べてください!





妊婦さんや授乳中のお母さんにも食べてもらいたい非加熱蜂蜜 非加熱蜂蜜は栄養たっぷり。天然のサプリメントと呼ばれるほど! 蜂蜜の主成分であるブドウ糖、果糖といった単糖類は、効率よくエネルギーになる上、カルシウムやビタミンB1、B2、葉酸などのビタミンなどはもちろん。 約22種類のアミノ酸、約27種類のミネラル、約80種類の酵素など本当に栄養たっぷりなのです。

また、蜂蜜は砂糖に比べて低カロリーですので、砂糖の代わりに使用していただくことで、カロリーを抑えることができます! しっかり栄養を取りたい方には"非加熱蜂蜜"がオススメ。 加熱していない非加熱蜂蜜でしっかり栄養を摂取してもらえればと思います!

最新記事

すべて表示

平素よりBee888をご利用いただき、誠にありがとうございます。 このたび、東京都を対象とした外出自粛要請、ならびに酒類を提供する飲食店に対する休業要請の発表を鑑み、新型コロナウイルス感染症拡大防止と、お客様の安全と健康を考え、臨時休業とさせていただきます。 お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますよう、よろし くお願い申し上げます。 ■ 臨時休業期間 令和 3 年 3 月